【必見】ヴィーガニズムを学べるおすすめフィルム┊動物のことを知ろう

動物を傷つけたくないと思っていても、ペットショップも毛皮も動物性食材もその「商品」が作られる過程を知らなければ購入してしまいます。まずは動物を傷つけるビジネスを知り、学ぶことからはじめませんか?

目次

動物搾取を知る

ドミニオン

私たちの食べ物になる動物たちはどんな人生を送り、どのように殺されるか知っていますか?

「こんなに苦しめてまで食べたいのかな?」と考えるきっかけをくれる映画だと思います。同時に、もう動物性食材を今までと同じ目では見れなくなると思います。

本作『ドミニオン』はオーストラリアの工場型畜産の内部映像をオーストラリアのアニマルライツ活動家たちが7年ほどかけてドキュメントしたものです。日本の動物福祉は本作よりも低いと指摘されています。

動物が好きじゃなくても、誰だって命を傷つけて奪うビジネスはサポートしたくないはず。屠殺映像が続きますが、ぜひ目を背けずに見て欲しい作品。屠殺場には1円も払いたくないと思えるパワフルなドキュメンタリーです。

YouTubeで見ることができます

日本語字幕が選択できます。

日本の畜産についてはこちら

73 COW

オタワ国際映画祭で最優秀賞を受賞した「73の牛」では、牛肉農家のジェイ・ワイルドさんが畜産業から持続可能なオーガニック野菜農家(自然農法で動物の堆肥も使用しない農家)へと転向する迷い、葛藤、苦しみ、そして辿り着いた穏やかな選択が描かれています。

『動物にも感情があり、それぞれ個性があり、世界を経験している。そのことを一緒にいて無視できなくなりました。牛たちを屠殺場に送り出すのは、彼らを裏切るような気持ちでした。とても恐ろしい場所へ彼らを送り出すことは私をとても苦しめました。』ージェイ・ワイルド

ジェイ・ワイルドさんは牛と共に生活する中で猫や犬と同じように家族のようになった動物が食べられてしまうことに、苦悩を感じていました。

YouTubeで見ることができます

15分ほどの短編映画。屠殺映像などはないので安心して見れます。

日本語字幕付き「73の牛」

5分で分かる怖い乳製品産業

ヴィーガンが乳製品をやめる倫理的な理由が5分で分かるビデオ。

酪農業界の実態や乳牛として使えなくなった牛の扱いなどを知ることができます。

マストウォッチ!

日本語字幕を選択してね

健康と食

The Game Changer ゲームチェンジャー

スポーツ栄養学・最先端を走る科学者とトップアスリートによる画期的な映画。人間にとって最適な食事とは?タンパク質は?「タンパク質といえば動物性食材、カルシウムと言えば牛乳」という常識が覆されます。

ビタミンB12についてなど気になる方におすすめ!

フォークス・オーバーナイブス 〜 いのちを救う食卓革命 〜

「菜食以上の医療はない」がテーマ。動物性食材を食べると体にどんなことが起きるのか学べます!衝撃の内容でいっぱい。

1940年代から、完全食品として推奨されてきた牛乳。酪農業を営む家で少年時代を送っていたキャンベル博士も、これを当然と信じて疑わなかった。しかしあるとき、動物性タンパク質とガンとの関連に気付いた博士は、どの食物が何の病気の原因となるかを調べる大規模な調査に乗り出す。加工食品に偏った手軽な食生活。食品業界の意向が優先される学校での食事プラン。肉を食べないと力が出ないという思い込みなど、日常に潜む問題点に警鐘を鳴らし、食(フォーク)はメス(ナイフ)を征するという事実を明らかにする問題作である。

What the Health

動物性食品を食べる真のリスクや食の健康被害を追求。医療・製薬・食品業界が抱える問題や体に良いと教えられてきた動物性食材ついて学ぶことができます。

フードインク

アメリカの食品産業に潜む問題点に切り込んだフード・ドキュメンタリー。広大な農場に散布される農薬、遺伝子組み換え問題など、大量生産低コストの裏側にあるリスクを伝え、オーガニック・フードの本当の価値を訴える。

野生動物

ヴィルンガ

アフリカの貴重な国立公園では、ゴリラが絶滅の危機に瀕しています。ゴリラを命懸けで守るレンジャーたちの実話を記録した、アカデミー賞にもノミネートされたドキュメンタリー映画です。

アイボリー・ゲーム

世界規模の問題となっている象牙の密輸。アフリカ象は絶滅の危機に瀕しています。野生動物の生息を脅かす密売ネットワークとは?密猟、転売、公然と象牙が販売される現場へ潜入したドキュメンタリー映画です。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる