【必見】気候変動・環境問題が学べるおすすめ映画(2022年1月更新)

環境問題や気候変動ってどこで勉強したらいいの?

「漠然と環境問題やばいと思ってるけど…よく知らない」という方へ勉強できる必見ドキュメンタリー映画をご紹介。

気候変動がよく分かるドキュメンタリー

地球が壊れる前に 

俳優・環境活動家のレオナルド・ディカプリオが国連平和大使として世界をまわり、地球環境の厳しい現状を視察。人々と対話する中で気候変動の今までとこれからを見つめる様子を追ったドキュメンタリー。

世界の状況がよく見える一本!

YouTubeでレンタルできます

不都合な真実2 

災害大国の日本に暮らす人は、この映画はみんなが見るべき!気候変動の影響で増える災害についてなど、気候変動の危機がどれほどのものか分かりやすく映像で分かります。

Don’t Look Up 

天文学者ランドール・ミンディ博士(レオナルド・ディカプリオ)と教え子の院生ケイト(ジェニファー・ローレンス)が地球に向かう巨大彗星を発見する。

衝突は半年後、人類はもちろん、地球上の生物がすべて死滅してしまうほどのインパクトだと知った2人は、ホワイトハウスに慌てて進言するも、支持率を気にした大統領は取り合ってくれない。

憤った2人は今度はメディアに駆け込み、人気TVショーに出演して広く国民に危機を訴えようとするものの…

作中で描かれる「巨大彗星」を「気候変動」という現実の危機をなぞらえています。

明確な“根拠”のある真実が、誰かの“主観的”な意見によって受け入れられない事態は、現実でも起きているのかもしれない。 ランドール博士やケイトが国民を動かすには、何をどれだけ示せていれば“根拠”と言えたのだろう。

チェイシング・コーラル 消えゆくサンゴ礁 

魚にとってサンゴ礁が死んでしまうことは、人が急に家も建物もない世界に放り出されるようなもの。30年前と比べ、生きたサンゴの量は50パーセント減少し、このままだと近い将来、サンゴは絶滅すると科学者は言います。サンゴがなくなれば、生命は地球で生きることはできません。映像の美しさに感動するだけではなく、気候変動、日焼け止めや化粧品の選び方について真剣に考えさせられる映画。気候変動によるサンゴの白化現象を追うドキュメンタリー映画。

ファイヤー・イン・パラダイス 地獄と化した町 

2019年に危機的規模となったオーストラリアの山火事をはじめ、地球温暖化の影響による乾燥や気温上昇が原因で起きた山火事に迫るドキュメンタリー。山火事の規模拡大に悩まされている米カリフォルニアにあるパラダイスという場所で、2018年11月に発生したすさまじい山火事の勢いを映し出しています。街を猛スピードで飲み込んでいく炎の映像は胸が痛くなります。気候変動について、深く考えさせられる。

デヴィッド アッテンボロー 地球に暮らす生命 

動物学者デイヴィッド・アッテンボローが映像と共に「人間の活動が世界をどのように変えてきたのか」「このままだと地球の未来はどうなるのか」を解説しています。気候危機解決は、動物や植物を守ることだけでなく、わたしたち自身を救うことためでもあることを改めて再認識させてくれるドキュメンタリー。

グレタ ひとりぼっちの挑戦 

グレタだって、家を離れたらホームシックになるし、犬が恋しくてたまらなくなる。笑うし、踊るし、つまずくし、泣く。活動家以前に、私と何も変わらないふつうの人間。みんなと違うのは、彼女の覚悟と決意だけ。「未来の計画が立てられない。学校に行って、働いて、結婚もしたい。」「気が重い、休まらない」という正直な言葉に胸が痛くなりました。青春時代を気候変動解決に捧げる10代の活動を見て、色々なことを感じる映画でした。

地球の限界 

SDGs を作成する基となった地球の健康状態を表す「プラネタリーバウンダリーズ」の考え方を分かりやすく用いながら、地球の限界について解説してくれています。私たちの日々の消費の中で具体的にどんなものが原因となって地球は限界に近づいているのか?とても明解で、環境問題初心者にも理解しやすい内容です。

【全8話】OUR PLANET 私たちの地球 

Netflixのドキュメンタリー『OUR PLANET 私たちの地球』は、地球の生物たちがどのように気候変動の影響を受けるのかを、素晴らしい映像とともに解説する作品。とにかく映像が美しく、学びと癒しの両方が得られること間違いなし。なぜ自然を守らなければならないのか、いまいちど考えるきっかけを与えてくれる。

気候変動に関してはこちらも必見

日本語字幕が選択できるよ

命の海が危ない?海の生態系の危機を知る

ミッション・ブルー 

人類の自然破壊に警鐘を鳴らし続ける海洋学者シルビア・アールを追ったドキュメンタリー。魚の乱獲について特に分かりやすく描かれています。私たちの日々の食の選択が海にとってどれほどの脅威か考えられるドキュメンタリー。

Seaspiracy:偽りのサステイナブル漁業 

プラスチックの海 

生態系に入り込んだプラスチックが、どれほど海洋生物や鳥などを傷つけているのか分かる映画。本気でプラスチックw削減したくなるドキュメンタリー映画。おすすめ!

実は最も環境を壊している?食と環境問題を知る

カウスピラシー サステナビリティの秘密

データの参照の仕方など様々な指摘はあるものの、環境問題についてしっかり学べます!

Eating Our Way to Extinction (日本未上映:人類を絶滅に導く私たちの食べ方)

ファッションと環境問題

ハサン・ミンハジ:愛国者として物申す

ファストファッションの醜い真実【シーズン5、エピソード3】

実は繊維産業は航空業界より温室効果を出してるって知ってた?ファッションと環境問題について映画で学びたいならこれ!

The True Cost ファッションの真の代償

私たちが着る服や衣服 をつくる人々、そしてアパレル産業が世界に与える影響の物語。服の価格が低下する一方で、人や環境が支払う代償は劇的に上昇しています。ファッション業界の闇に焦点を当て、「服に対して本当のコストを支払っているのは誰?」と問題を提起するドキュメンタリー映画。

アマゾン森林火災

ハサン・ミンハジ:愛国者として物申す

ブラジル 汚職と熱帯雨林【シーズン3、エピソード1】

国際社会からずっと問題視されているアマゾン森林破壊はなぜ止まらないの?何が原因で起きているの?が分かるエピソード。必見!

私たちの消費のあり方を考える映画

ミニマリズム

「ものを買った時は満たされるのに、どこか心はいつも渇いている」そんな人はいませんか?物質主義の中で私たちはモノに囲まれすぎている。そんな消費のあり方が地球環境も私たちの心も蝕んでいる中、この映画は私たちにモノを持たない豊さを教えてくれます。モノ・時間・そして自分との付き合い方について考えられる映画。

シンプルな生活、足るを知る生活の心地よさを教えてくれた映画。豊かさは内側から。

フードインク

アメリカの食品産業に潜む問題点に切り込んだフード・ドキュメンタリー。大量生産低コストの裏側にあるリスクを伝え、オーガニック・フードの本当の価値を訴えます。

Rotten 食品業界に潜む腐敗

食品供給の現場に密着したドキュメンタリーシリーズ。食べ物が我々の口に入るまでのプロセスに潜む不都合な真実と、食品産業を形作る隠された力を赤裸々に描いた作品。

未来のビジョンが見える映画

Tommow パーマネントライフを探して

総合科学誌「Nature」に掲載された未来の地球と人類についての論文に衝撃を受けたロランが、活動家でジャーナリストのシリル・ディオンと一緒に、農業・エネルギー・経済・民主主義・教育の五つの分野で行われている新しい試みを紹介する。世界中の人々の笑顔が印象に残る。

Down to the earth ザック・エフロンが旅する明日の地球

ザックエフロンが地球の未来の生き方を探して、世界を視察。コスタリカにはワクワクしました!新しい生き方や、日本での当たり前に疑問を持つ良いきっかけをくれます。人気俳優が体当たりで地球の問題を“自分ごと”にしていく。

2040

the Biggest little Farm

この記事が誰かの参考になれば嬉しいです!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人